木を知ろう・森を知ろう会
                             

11月14日(月)第7回例会井頭公園樹木観察会

ラクウショウで、芋ようかん!を合言葉に、後半も頑張ろう

ラクウショウの前で
快晴
総勢22名

副代表からお手製の芋ようかんをご馳走になりました。鳴門金時を本体に上層部に薄く紫芋をかぶせたスィーツです。
『もうラクウショウは忘れられないでしょう』と副代表が説明していました。よく見ると、まだお手手に大事そうにしている人が
いますね。

ケヤキ(ニレ科)
ケヤキの子孫繁栄(種子散布)の方法を聞いています。
それにしても、このよく見る大木の種子の小ささよ(米粒より小さい)
庭先や遊歩道の植え込みなどに、ちょっと目障りですが、ヒョロヒョロと枝が伸びてます。ほっといたら
こんなに大きくなるんでしょうか。
何年掛かるのかしらん。
カジカエデ(カエデ科)
綺麗な黄色に紅葉しています。
葉っぱの比較
左端 リンボク(バラ科)
 常緑の桜。花期は9〜10月。
 会員の方々に、研究用とてして、
 葉っぱが持ち去られてしまい
 ました。本来は互生です。
上段左から 
 ミズナラ(ブナ科)、ウリハダ
 カエデ、トウカエデ
下段左から
 ヒトツバカエデ、ミツデ
 カエデ(以上カエデ科)
ラクウショウ(スギ科)の葉っぱ
 落葉する3種の針葉樹の1つ
 やわらかい幅1青度、長さ
 2村紊凌望の葉を側枝に
 互生に付ける。
 見事に紅葉します。
残り2種
 メタセコイア(スギ科)
  ラクウショウより長めの葉
  を側枝に対生に付ける
 カラマツ(マツ科)
  長枝に単生、短枝に束生
  (宇大の観察会で見ました
  ね)
ラクウショウの膝痕
しっこんと呼びます。呼吸痕の
一種。
別名ヌマスギと言い湿地に育つ。
水につかっても呼吸できるように
地面から根を突き出しています。
乾燥地では出ないこともある。
渡良瀬遊水地の観察会では、
『治水のシンボル』として紹介
されていました。
ナビさん。いかないで。
後ろは後ろでワァーワァーやって
います。もう少しユックリして。
ナビさんの大事な話を聞き漏らしてしまいます。
風もないのにかさかさと落葉降る
森林浴ができてよかった。
本日のまとめ(代表の解説)
これがいいんですよ。
『しおり』による予習、現物確認と
本日のまとめによる復習。
あと試験でもやれば完璧です!?
メタセコイア(スギ科)
今日は、天気も良くて、寒くも無くて、色彩が綺麗で本当に良かったです。
○○さん、連れて来よ〜つと。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット