栄町コミュニティ推進協議会
                             

愛宕神社節分祭福まき

2月3日(金)下野市石橋「愛宕神社」節分祭「厄祓い祈願」福まき行われる。
神事後に、拝殿より「福は内!」と豆まき、続いて、神樂殿より福まき(豆、お餅、落花生、お菓子やテッシ)などが福は内、鬼は外と威勢よくまかれた。この神事は5回おこなわれ最後に、石橋小学生5年生代表者10名が福まきを行い終了した。
午後1時部に参加した厄祓い祈願の男性は、今年が前厄ですので後2回やるのですよねと木札を大事用に抱えて帰宅されました。
冬と春の節目に節分が行われ、でも季節はそうは行かない、寒くなったり暖かくなったり行きっ戻りっ春がやってくる。
また、厄払いとは、仕事も体もともに節目の年、チョット自分自身を振り返り身を清めて邪気を祓い前に進もうや、先人の知恵ですいね。愛宕神社の境内は、ビニ袋や大きな袋抱えた人で一日中賑やかに、顔見知り年男に此方に投げてと歓声があがっておりました。





神事後に拝殿より豆をまく年男
 神事後に神楽殿より福豆まき
境内は多くの人で一杯だ。
 石橋小学生5年生による福まき
お宝まき

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット