栄町コミュニティ推進協議会
                           

栄町お囃子、橋本子供代々神樂

11月13日(日)下野市橋本神社で秋の祭礼がおこなわれました。栄町コミュニティ推進協議会お囃子部会では、今年も、栄町お囃子の奉納をいたしました。
橋本神社では、代々神楽の子供育成活動に力を入れ、4月の春の例祭では、数目子供代々神楽が奉納されており。今回の秋の例祭でも子供達の堂々とした代々神楽が奉納された。
橋本地域では、小さなお子さんから高齢者まで、橋本神社境内に集まって、秋の例祭を一家総出で祭りを楽しんいるようでした。
まつり様子をスナップ写真で紹介いたします。



 橋本神社参道は屋久島白谷雲水狭を思わせる青い苔でおおわれていた。
 栄町子供お囃子連の前触れお囃子
 拝殿横の大火鉢で餅を焼いていただく子供お囃子連、おそらく初めての体験であろう。
出を待つ、子供代々神楽の子供達
横では心配そうな親御さん。
 子供達の堂々した天照大神の舞
  子供達の稲荷大神の舞
 神楽殿では、副餅、お宝がまかれた。
 子供たちの笑い誘う代々神楽
 鎮守の森は、一日中笛や太鼓の音色がこだましておりました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット