栄町コミュニティ推進協議会
                             

栄町コミュニティ推進協議会 青田刈り

厳しい残暑 もう始まった しめ縄つくりの準備 17日 栄町コミュニティ推進協議会の青田刈り 滝のように流れる汗、熱中症とコロナに 注意しながら 作業であるが 皆なの頑張りで約1時間で刈り取りは修了。刈り取られた量は径トラ2台 三日ほど天日干して 保存して お正月のお飾りに使用する 新型コロナウイルス感染症はいまだ消息の未透視は見えてこない 新年にお正月飾りを出来るようにとん願うのみである。

しめ縄用に使用するワラは長く、柔らかく、青みがあるワラがよい、花咲き実が実ると、しめ縄の先が良く出来ない。そのため花が咲く前のこの時期、青田刈りを行う.
お米は台風の風に倒れないよう背を長く伸ばさないように栽培するが、しめ縄用の藁は反対に背を高く長く伸ばす。栽培者の方にお聞きすると栽培は大変なようだ、水回り、追肥、
いもい病に気を付けて栽培するそうだ、病気が出ると背丈が伸びなくなってしまうと話されていた。栽培をしていただき感謝している。
大事の使わせていただきます。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット