栄町コミュニティ推進協議会
                             

下野市橋本神社秋の例祭

下野市橋本「橋本神社」例祭が12日(土)開催され橋本地区の郷土芸能太々神楽が奉納された。また、橋本地域と交流をしている栄町お囃子会も太々神楽の前座として午前10時00分より栄町子供お囃子連が小松流四調目、江戸若、大人連は五段囃子を奉納した。
この、橋本地区の例祭は橋本神社氏子総代会、橋本自治会支援、地域の祭りとして行われ、春、秋との二回実施されている。春の例祭は12座の太々神楽らが奉納され、秋の例祭は3座が奉納され、また、細谷小学校と連携し子供達へ地域の芸能であるお神楽を教えて、今回も子供お神楽が地域の方に披露された橋本神社は一日中笛や太鼓の音が鎮守の森に響いておりました。また、子供達の激励に訪れていた細谷小学校の校長先生も子供達の舞をみて目を細めていた。

お囃子を奉納する栄町子供お囃子連
  猿田彦命の舞
 細谷小学生によるお神楽
 稲荷大神の舞、かわいらしく
舞う子供たちに地域の方も暖かく声援を送っておりました。
 お宝を撒く子供神楽連、お神楽
指導した関係者も目を細め満足そうに見つめておりました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット