環境問題を考える会
                             

「しもつけ環境フェア」に出展参加(環境問題を考える会)

3月19日(土)国分寺公民館において「しもつけ環境フェア」が開催され、当会は環境市民会議の関係団体と共に専用ブースで展示参加しました。概要は以下の通りです。

日時 3月19日(土) 13:30〜16:30
会場 下野市国分寺町公民館 大ホール
講演 13:30〜15:00
「自然から学ぶ庭づくりのススメ」
 講師:山崎誠子さん(ランドスケープデザイナー)
展示・体験ブース 15:00〜16:30
 各団体による展示・体験コーナー
 当会の参加内容 
 ・団体紹介、活動事例紹介、参考資料展示
 ・足踏み式人力発電機の展示体験
 ・新型水力発電機等のビデオ上映
主催 しもつけ環境市民会議、下野市

当日は限られた時間でしたが、講演・展示ともに多くの市民が集まり、当会の展示体験ブースも大変好評でした。

当日の会場となった国分寺公民館の玄関
大ホールの講演会場には多くの市民が集まりました。
主催者を代表して開会の挨拶をする「しもつけ環境市民会議」の岡本会長(右)と司会の増山環境課長(左)
山崎誠子さん(ランドスケープデザイナー)の講演「自然から学ぶ庭づくりのススメ」はスライドを多数使った大変興味深いもので、エコガーデニングの参考になりました。
環境問題を考える会のブース
手前は足踏み式人力発電機、後方は団体・活動紹介のパネルと参考資料の展示。
同左、参考資料・書籍として下記を展示。
・3R全国ネットの活動報告書
・ミツバチの減少とネオニコ系農薬の問題
・思川開発事業と水資源の問題
・会報バックナンバー、他
足踏み式人力発電機の体験
日大・中里教授(当会世話人)の開発によるもので、発電した電気でLEDランプのツリーが点灯すると子どもたちの歓声が上がる。
新型水力発電機のビデオ上映
同じく日大・中里教授(当会世話人)の開発によるもので、従来の水車型と異なり、複数翼の往復運動型なので、コンパクトかつごみ詰まり等に強い。
ハートベリーのブース
パネル展示、使用済みランドセルの受付け、募金活動、他。
きものリフォームのブース
衣類の各種リフォーム製品を展示。
下野市自然に親しむ会のブース
活動内容の展示、市内の動植物紹介CD・しおりの展示販売、紙でっぽう製作体験、他。
下野市環境課のブース
ごみ分別方法の変更説明展示、使用済み小型家電の無料回収、他。
下野市省エネ塾・地球温暖化防止活動推進員のブース
専用ソフトによる家庭の省エネ診断、パネル展示、チラシ配布、他。
アベファクトリーのコーナー
手作りワークショップ、活動展示、他。
「木の実のアート」は子どもたちの人気の的でした。
しもつけ環境市民会議のコーナー
手作りエコバッグやオリジナル缶バッジの作成が来場者に好評でした。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット