下野市市民活動支援サイト You がお ネット

トップページ はじめての方 よくある質問 ログイン
ホーム > イベント > 7/22 総会/記念講演のご案内(環境問題を考える会)
件名 7/22 総会/記念講演のご案内(環境問題を考える会)
主催 環境問題を考える会(後援:しもつけ環境市民会議) 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年7月22日(日) 
開催時刻 総会:午後1時30分〜 記念講演:午後2時〜 
締切日 なし(当日参加OK) 
会場 下野市生涯学習情報センター 研修室 
地図・案内図
 
定員 なし 
対象者 どなたでも参加できます 
申込方法 事前申込不要、当日入場可 
費用 無料(カンパは大歓迎です) 
内容詳細 1.総会 13:30〜14:00
・前年度の活動報告、会計報告
・本年度の活動方針、予算案、役員選出

2.記念講演 14:00〜16:30
ー深刻化するマイクロプラスチック汚染!ー
 「増加する使い捨てプラごみをどうする?」
(1)ビデオ上映「マイクロプラスチックの脅威」
(2)講演講師:栗岡理子(くりおかりこ)さん
   ・神奈川県在住、環境カウンセラー、森林インストラクター
   ・法政大学大学院経済学研究科博士課程修了(環境経済学)
   ・容器包装の3Rを進める全国ネットワーク運営委員(〜2018/3)
   ・著書「散乱ペットボトルのツケは誰が払うのか」(合同出版)
   ・共著「誰でもできるデポジット」(合同出版)、他
(3)質疑と意見交換

 プラスチックはその有用性から世界中で年間3億トンも生産され、増加の一途にあります。一方で使い捨てのプラごみも増え続け、散乱したペットボトルやレジ袋は川ごみ〜海ごみになり、分解されずに微細化したマイクロプラスチックとなって世界中の海を漂流しています。それはPCB等の有害物を吸着して海鳥や魚類に取り込まれ、食物連鎖で最終的には人間に返ってくるため、人体への影響も懸念されています。この危機的状況に対し、欧州をはじめ世界各国が使い捨てプラスチックの規制に動き出しました。
 今回はマイクロプラスチックに関するビデオを上映した後、散乱ペットボトルの現状と対応策等、ごみ問題に一環して取り組んでこられた栗岡理子さんに、増え続けるプラごみの現状と対応策、国内外の取り組み等について分かり易く解説していただきます。この機会に、プラスチックを大量消費する生活スタイルやプラごみの削減について考えてみませんか。皆さん、是非ともご参加下さい。
 
問い合わせ先 電話 0285-44-6891(益子)
メール kankyomk@ja2.so-net.ne.jp  
関連URL http://www005.upp.so-net.ne.jp/kankyomk/ 
この情報は、「環境問題を考える会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ