下野薬師寺ボランティアの会
                               

春の一日、史跡まつりを楽しみました

『追加変更版』
・去る3月6日(日)、下野薬師寺歴史館とふるさと歴史の広場と安国寺境内等で史跡まつりが開催されました。
・下野薬師寺ボランティアの会は、史跡まつりを共催しました。
・当日は、快晴無風の暖かな春の日となり、五分咲きの梅の花の下に多くの市民、県民 が集い、いろいろなイベントに参加されました。
・開会行事の中の薬師寺幼稚園生100余名による鍵盤ハーモニカの演奏は上手にでき、多 くの参列者から大きな拍手に包まれました。
・当会独自のイベントとして、紙芝居、下野薬師寺クイズラリー、ぬりえ、史跡の解説 などを実施するとともに、菊地先生のご協力を得てこま廻しを多くの皆さんに体験し てもらい、いずれも大好評でした。
・昨年収穫したふるさと歴史の広場の梅を使用して作った特製「梅ジュース」をホット あるいはコールドで来訪者に配布しました。
・さらに休耕田を借りて作った古代米をつき、その餅を来訪者に配布しました。いずれ も大好評でした。
・市教育委員会主催としての次のイベントに、当会も参加協力しました。
・文化行事として、安国寺住職による講演(法話)、雄琴神社雅楽会による雅楽演奏が、 安国寺本堂にて催され多くの人たちが耳を傾け、優雅な音色に酔いしれました。
・4年ぶりに発掘調査が行われ、その現地説明会が開催され、歴史愛好者が集まりまし  た。
・ビックかるた取り、ミニ新幹線試乗会にも多くの子供たちの列ができました。

 
   

開会行事の目玉の一つ、紙芝居は2つの演目を披露しました。
第1話:「下野薬師寺の歴史」
(会員が全面改訂したわかりやすい物語)
第2話:地元に伝わる「吉田ヶ池の片目の鯉」のお話で、民話風な語りで聞いてもらいました
鍵盤ハーモニカを演奏してくれた薬師寺幼稚園の園児のみなさん
父兄の前で上手に演奏ができました。
梅ジュースの無料配布。暖かかったので、けっこう冷たいジュースの希望がありました。
初めての餅つきに挑戦(1)
初めての餅つきに挑戦(2)
着ぐるみは子供たちの人気もの
下野薬師寺をテーマにしたぬりえを楽しみました。
クイズラリーのスタート地点。難問に100名以上が挑戦し、全問正解者にはオリジナル景品がプレゼントされました。
芝生の上でのビックかるたにとりに並んだ参加者。
かるたはもちろん「下野市ふるさとかるた」を大きくしたものです。
だれが一番早くかるたをとるか!
「ビックかるた取り」の表彰(1)
「ビックかるた取り」の表彰(2)
下野薬師寺館長により開会式がおこなわれました。
広瀬下野市長も駆けつけていただきました。
ミニ新幹線を楽しむ子供たち!
もちろん下野薬師寺ボランティア会員も事前に楽しみました。
安国寺住職様から「お話し」についての法話に参加者全員、耳を傾けていました。
安国寺本堂にて雄琴神社雅楽演奏会の皆さまによる「平調音取」「五常楽急」「君が代」「越殿楽」など世界最古のオーケストラの調べに下野薬師寺創建当時に想いを巡らせました。。
平成22年11月から下野薬師寺跡発掘調査の現地説明会を開催しました。
遺構を見学しながら、溝跡・掘立柱建物跡・土杭・不明遺構などの説明を受けましました。
かわらけ(灯明皿)

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット