下野薬師寺ボランティアの会
                               

しもつけ風土記の丘資料館で勉強会

しもつけ風土記の丘資料館にて、秋季特別展『ムラから見たなら・平安時代』の開催にあわせて、7世紀後半から10世紀の栃木県内のムラの状態・出土品などについて
月例の勉強会を実施しました。あわせて下野国分寺跡の整備状況について下野市文化課山口氏からお話を伺いました。

さまざまな出土遺物からムラの生活の説明を受けました。出土したモモの種から品種改良の話、ヒョウタン類の出土から干ぴょうも作っていたのかなと興味あるお話でした。
中門跡より下野国分寺伽藍規模の説明を受けました。
講堂跡から今後の整備状況と構想を伺いました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット