下野薬師寺ボランティアの会
                               

11月10日下野薬師寺ボランティア館外研修を実施

今回で発会第9回目となる下野薬師寺ボランティアの館外研修を県立博物館バックヤード・長岡百穴古墳・飛山城史跡公園と周り、1日有意義な研修ができました。県立博物館ロビーにて下野薬師寺跡出土の八葉複弁蓮花文鐙瓦の巨大なレプリカが展示されていましたのには一同感激しました。

県立博物館前で参加者全員による記念撮影・敷地内の紅葉が美しかったです。
博物館所蔵及び展示品の保管状況などについて説明を受けました。
入口案内所前に幻の蝶と言われていた『シボリアゲハ』の標本が展示されていたのにはビックリしました。先日NHKで放送したばかりですよね!
長岡百穴古墳を見学、いつも宇都宮環状線を利用するのですが、横目で見るばかりの場所ですが、ボランティア会員の解説により東西に52基もの横穴墓室が有る事を知り勉強になりました。
昼食にてんぷら定食を食べました。
(美味しかったです。)
担当者さんに感謝します。
飛山城址ボランティアに史跡地公園内を案内・説明していただきました。古代に烽火による通信場所として『墨書土器・烽家』の出土により日本で初めて発見されたとは誇りですね。
夕暮れ時、宇都宮市街地の展望は素晴らしいものが有りました。夕日が沈むため写真で写りませんでしたので案内看板でご勘弁!!
空気が澄んでいると富士山もはっきり見えるそうです。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット