下野薬師寺ボランティアの会
                               

エゴマ灯明の会を実施しました

10月16日第2回エゴマ灯明の会を実施
し、下野薬師寺ボランティア会員他、木版画会、文化課課員、安国寺ご住職ご家族など30名程で復元回廊をライトアップしてエゴマ灯明を鑑賞しました。少人数の鑑賞会ではもったいないとの今回の反省をふまえて、次回は満月も楽しみながら広く皆様の参加出来る灯明会を計画したいと思います。

エゴマの種蒔きからエゴマ油の抽出までは時間と手間がかかりました。
復元回廊の礎石に会員手造の灯明皿を120枚程並べエゴマ油を注ぎ暗くなるのを待ちました。
安国寺ご住職立ち会いのもと灯明点灯式を実施しました。
ボランティア池田会長の趣旨説明の後、古代米の赤飯・芋汁ほかの夕食を食べながら暗くなるのを待ちました。
エゴマ灯明会の記念撮影をするため集まるのに周辺が暗く人数確認に大変でした。
エゴマ灯明の会を閉めるにあたり
安国寺本堂をお借りして、谷萩ご住職に下野薬師寺縁起・安国寺の宝物の解説を受けました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット