非核平和をすすめる下野市の会
                             

2010年5月、核兵器廃絶の署名を核拡散防止条約再検討会議会議

690万筆余の「核兵器のない世界」を要請する署名(本会が下野市で集めた2653筆を含む)はニューヨーク国連本部で開かれている核不拡散条約(NPT)再検討会議議長のカバクチュランさんとドアルテ国連軍縮担当代表に5月2日届けられました。カバクチュラン議長は会議の開会冒頭、「昨日署名を受け取った」、「市民社会の熱意に私たちはこたえなければならない。」と発言しました。日本からの1500人の訪米団(栃木県6名)は2日の署名提出に先立ち、マンハッタンで署名を集め、午後からはタイムズスクエアから国連本部まで行進、これは世界各国から今回の要請に集まった人やニューヨーカーまで1.5万人の大パレードになりました。NPT再検討会議では核兵器廃絶の原則は承認されましたが、核廃絶の工程表を作成するまでにはいたりませんでした。これからも非核平和都市宣言の下野市から核兵器のない平和な世界をめざしてがんばっていきましょう。会期中に下野市で集めた署名数は2705筆、カンパは35100円になりました。ご協力ありがとう。
核兵器が廃絶されるまでさらに声をあげてゆきましょう。

 「核兵器のない世界を」
NPT再検討会議に提出した署名簿の裏面です。張本勲さんを含め10名の呼びかけ人がうつっていますが、井上ひさしさんは昨年お亡くなりになりました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット