下野薬師寺ボランティアの会
                               

ベニバナ摘みを体験しました

下野薬師寺歴史館夏休み企画講座として、7月23日ベニバナ畑で応募参加者と歴史館ボランティアも参加して、屋外作業には暑くもなく丁度よい天候に恵まれベニバナ摘みを体験できました。

紅花の原産地は地中海沿岸(又はエジプト)と言われていますが、今から2200年程前にシルクロードを通り中央アジアへ伝わり中国へ、推古天皇の時代に我が国にもたらされたいわれています。
1時間程のベニバナ摘みでしたが収穫したベニバナは乾燥させて、ベニバナ染めの染料として8月20日使用します。またドライフラワーとしてイベント時に展示予定です。
紅色素の無い白色ベニバナが見つかりました。染料として使用すると何色が出るのでしょうか?

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット