石橋伝統文化支援会
                             

皆のおみこしひろばまつり

7月14日(土)下野市石橋で第35回の皆のおみこしひろば祭りが、グリム通り「旧下野庁舎北」行われた。国道4号線石橋駅西信号機より市道文教通り間を通行止めにして午後5時30分に開会式、午後6時より午後8時での2時間の間をおみこし広場、会場には地域から神輿19基 山車10台が巡行、また、大杉ばやし、栄町お囃子、寿町お囃子会、石中おみこしが参加、35年前に地域の稀薄化しつつある、地域社会に連帯感をと、おみこし広場をつくつて開催し人々の心触れ合う場と温かい地域を目指そうと、おみこしひろば実行委員会を立ち上げて計画して以来今年で35年になった、今ではコミュニティ溶けこみコミュニティの恒例の事業となつた。子供が成人し親元を離れ都市圏で暮らす子が、おみこしひろばに里帰りすると言う心温かい話を聞いた、親御さんもまた再会を楽しみにしているという、年々人出が多く盛大に目的である地域の稀薄化を「おみこしひろば」が解消に役立ってくれることを切に祈る。

手古舞を先頭に堂々と栄町自治会
 栄町子供山車、伴奏の横笛
 幼稚園児山車の引き回し
 お囃子に共演 大杉ばやし対
栄町お囃子連
 立錐の余地がない人で
 山車行進栄町山車

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット