下野市自然に親しむ会
                               

柴南環境保全会による生き物調査をお手伝い

 下野市自然に親しむ会では、市内の環境保全会による親子自然観察会のお手伝いをしています。本年度最後の観察会が、2017年年11月5日の日曜日、柴南地区「そば道場」駐車場に元気な子供たち27名とその父兄たちが集まって行われました。柴南環境保全会の皆さんと近くを流れる柴用水路の「生き物調査」に取り組むました。私たちは、その講師役として参加せていただきました。ここにその様子を紹介させていただきます。
 今年は、例年に比べて沢山の魚を捕まえることができました。ただ、ミシシッピアカミミガメが初めて見つかりました。この地域では初めてです。また、沢山のアメリカザリガニもいて、外来種が侵略していることが気がかりでした。

 
   

 今年は、雨が多かったせいか、流れ込む水が多く、いつもより用水が深かったのですが、長靴に入り込む水もなんのその、皆頑張って生き物を集めました。
 下野市農政課の高橋さんも大活躍でした。
 集まった生き物の種類を調べることが重要です。トウヨシノボリなど、例年に比べて多くの魚を捕まえることができました。また、カマツカやオオヨシボリなど、珍しい魚もいました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット