環境問題を考える会
                             

マイクロプラスチック問題のセミナーに参加(環境問題を考える会)

 去る6月1日(木)、川崎市内にてマイクロプラスチック問題に関するセミナーが開催され、当会から有志が参加しました。以下、概要を紹介します。(左の案内チラシも参照下さい。)

日時 2017年6月1日(金)13:30〜17:00
会場 川崎市産業振興会館(JR川崎駅西口)
題目 マイクロプラスチック汚染への対策と取組
第1部 講演
1)マイクロプラスチック汚染の現状と対策
    高田秀重氏(東京農工大学教授)
2)河川水中のマイクロプラスチック汚染の現状
    二瓶泰雄氏(東京理科大学教授)
3)海ごみを減らすためにできること
    浅利美鈴氏(京都大学准教授)
4)川崎市におけるプラスチックごみの処理について
    北川仁氏(川崎市環境局) 
第2部 パネルディスカッション
コーディネーター 高田秀重氏
パネリスト 
・鈴木弘幸氏(環境省リサイクル推進室長補佐)
・伊藤浩子氏(全国川ごみネットワーク事務局)
・藤乘照幸氏(セブン&アイHLDGS.オフィサー)
・岸村小太郎氏(プラスチック工業連盟専務理事)
主催 (一社)廃棄物資源循環学会 
     消費者・市民研究部会・関東支部
後援 川崎市

左の写真は荒川の河口近くで河川敷に集積したプラごみの惨状です。これらのプラごみは河川から海洋に流出し、微細化してマイクロプラスチックとなり、世界中の海を浮遊します。それはPCB等の有害物を吸着し、海鳥や魚の体内に取り込まれ、食物連鎖によって最終的には人間に返ってきます。マイクロプラスチック汚染は今や国際的に深刻な問題です。セミナーではこの問題について最新の知見が得られました。私たちはプラスチックの大量消費・大量廃棄を見直さねばならない時期にあると言えます。

セミナーの会場になった川崎市産業振興会館(前方左手の建物)
JR川崎駅西口から徒歩8分のところにある。
会場には全国から研究者、事業者、行政関係者、市民等、約100名が参加。この問題への関心の高さがうかがえました。
全体の司会として挨拶する中井八千代さん(環境カウンセラー)。
中井さんは当会も参加する3R全国ネットの副運営委員長でもあります。
「マイクロプラスチック汚染の現状と対策」と題して講演する東京農工大学の高田秀重教授(この分野の研究では日本の第1人者)
マイクロプラスチックによる深刻な海洋汚染に警鐘を発すると共に、対策としてプラスチックの使い捨てを止め、リサイクルよりリデュース・リユースを優先するよう訴えました。
「河川水中のマイクロプラスチック汚染の現状」と題して講演する東京理科大学の二瓶泰雄教授。
二瓶教授は河川のマイクロプラスチックはどこから来るのか、どのように流れて行くのか等、興味深い調査分析結果の紹介がありました。
「海ごみを減らすためにできること」と題して講演する京都大学の浅利美鈴準教授。
浅利准教授は、森〜海における生態系と人のつながりを解説し、プラスチックごみの発生原因と削減策の紹介がありました。
「川崎市におけるプラスチックごみの処理について」と題して講演する川崎市環境局の北川さん。
川崎市ではプラ容器包装やペットボトルは分別リサイクルしているが、その他の製品プラは可燃ごみとして処理(熱回収)しているとのこと。下野市(小山広域組合)と同じで、製品プラのリサイクルが課題になります。
パネルディスカッションの前に「海洋ごみ問題の概要と対応策との一つとしての容器包装リサイクル法」をプレゼンする環境省リサイクル推進室長補佐の鈴木弘幸さん。
国内でのプラスチックリサイクルの先進事例として、ペットボトルの水平リサイクルや製品プラの回収リサイクル(宝塚市)の紹介がありました。
同じく「河川ごみの現状〜発生源対策に向けて」をプレゼンする全国川ごみネットワーク事務局の伊藤浩子さん。
伊藤さんは荒川クリーンエイドでの河川敷清掃活動に基づき、ペットボトルのごみが顕著に増えていること、ごみ拾いだけを繰り返しても解決できないことを訴えました。
同じく「ペットボトル回収の取組み」についてプレゼンするセブン&アイHLDGS.オフィサーの藤乘照幸さん。
藤乘さんはセブン&アイグループでのペットボトルのリサイクルとして、スーパーでの店頭回収が着実に増えていること、コンビニ(セブンイレブン)でも一部で店頭回収を始めたことを紹介しました。
同じく「プラスチック海洋ごみ問題への取組み」をプレゼンする日本プラスチック工業連盟専務理事の岸村小太郎さん。
岸村さんはプラ工連による樹脂ペレット漏出防止やマイクロビーズ問題への取組みを紹介しました。
各氏のプレゼンの後、全員でパネルディスカッションが行われました。
会場からも活発な質疑があり、予定の時間を超過してセミナーは終了しました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット