環境問題を考える会
                             

県南広域的水道整備に関する陳情書を市議会に提出(環境問題を考える会)

 下野市の水道水源は100%地下水が使われています。そのお陰で下野市の水は美味しく、安全で、水道料金も安いのです。しかるに、下野市を含む県南市町の水道水源に表流水(河川水)を導入することが検討されています。それは「思川開発事業」の中で県が提起した「県南広域的水道整備事業」ですが、この市民生活に直結する問題について、市民には何も知らされてないのが実情です。
 そこで、当会も参加する「下野市の水道水を考える市民ネットワーク」がこの件で市議会議長宛てに情報公開と市民参加の市政を求める陳情書を提出しました。以下、概要を紹介します。

陳情名 県南広域的水道整備事業に関する陳情
陳情内容 左記画像を参照
提出日時 2月13日(日) 10時
提出先 市議会事務局長 

 この陳情は3月定例議会の常任委員会で付託審議され、傍聴もできます。会議日程は市議会のウェブサイトに公開されますので、都合のつく方は傍聴してみてはいかがでしょうか。なお、本件の関連情報として、下記サイトも参照下さい。
http://shimotsuke.genki365.net/gnks17/mypage/mypage_sheet.php?gid=G0000019&id=26401

陳情書は「下野市の水道水を考える市民ネットワーク」事務局の宮下さん(左側)から議会事務局の川俣局長に手渡されました。
(下野市庁舎の議会事務局にて)

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット