栄町コミュニティ推進協議会
                           

小正月の風物詩栄町どんど焼き

1月8日(日)小正月の風物詩、第45回栄町どんど焼きが大光寺児童公園で開催されました。低気圧が日本の南海上を進み、九州から関東は広く雨との予想、下野市でも15時以降は雨か雪が降ると言う、近年の天気の予想は誠に素晴らしい今日だけは外れてと願うのみである。そんな願いも適わず冷たい雨が落ちてきた。ここまで協力してきた自治会、コミュニティ協議会委員、子供育成会員各役員、女性協力員、会場を盛り上げてくれた栄町お囃子会の皆さん。だれ一人中止してはとの声も聞こえず広く市民から持ち寄られた正月飾りやお札、古いしめ縄、だるまを焼くどんど焼きが行われ、参列者はどんど場の炎でみず木に刺した繭団子焼いて食べ、立ち上が炎に1年間の家内安全、無病息災を願っておりました。

どんど場作るにあたり四隅に青竹立てて地鎮祭(安全祈願祭)齋主(石橋愛宕神社宮司)より関係者
が参列し行われた。
 大光寺児童公園の住宅化され
地域住民の迷惑にならない大き
さに作られたどんど場。以前は
高さ7m以上にもなり近年は小型化
されております。
 みず木の枝に刺して飾り付けられた繭玉。栄町子供育成女性会員
方が作られました。
 会場を盛り上げてくれた子供
栄町お囃子連。
  小雨の中の開会式
 激励に駆けつけてくれた広瀬
下野市長
 地元の栃木県会議員若林県議
も激励に駆けつけてくれました。
 大光寺にお住まいの下野市議会
員岩永議長も激励に駆けつけてくれました。
 主催役員、来賓者により。どんど場に点火され、参列者から立ち上がる炎に歓声がこだました。
 飾り付けられた繭玉を頂く参加者。
 どんど場の回りを警戒いする
栄町消防団員。有難うございました。
 皆さんのご協力いただき
冷たい雨降る中であるが大成功に
第45回どんど焼きは終了できました。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット