しもつけシルエット委員会
                               

グリムの森と館の紹介です

2015年11月、石橋下古山にある「グリムの森」と「グリムの館」を取材しました。

グリムの森は、雑木林の中にある歩道と、噴水や広い場所がある気持ちの良い場所です。

グリムの森の中にあるグリムの館は、下野市と姉妹都市であるドイツの「シュタイン・ブリュッケン(現ディーツヘルツタール市)」がグリム兄弟の生まれた地であり、ドイツをイメージして作られた中核施設です。

平成8年に石橋町がグリムの森と館を開館しました。

グリムの森東側にある駐車場から撮影した画像です。グリムの森の場所は、下野市立古山小学校の北側に位置します。画像の建物はお手洗い所です♪
グリムの森の中は森林に囲まれています。歩道を歩いて森林浴が楽しめます♪
森の中には池があります。池の先から噴水に続いています♪
池からグリムの館が見えて来ました♪ 森の北側には、遊具のある「七人の小人の広場」があります♪
グリムの森東側にあるゲートからグリムの館に向かうと.....
広場に出ます♪ 画像はグリムの館側から撮影しました。 また、グリムの森の南側にも「グリムの広場」と「マルクト広場」と自転車置き場があります♪
この噴水「ものがたりの泉」から水が、「黄金のがちょうの泉」へと通じて池に流れています♪
広場にはベンチがあります♪ 休憩や食事に使うのに最適です♪(ごみは持ち帰りましょう♪)
これがグリムの館です♪ ドイツのレッチンゲン庁舎をイメージした建物です♪
館の外壁レンガや屋根瓦、窓枠や照明器具等はドイツ製品を使用しています♪
館の中は、多目的ホールと図書室、売店などがあります♪
では、館の中に入ってみましょう♪
館の入口から撮影した1階のロビーです。中は西洋風な作りになっていまして、グリム童話にちなんだ物があちこちに展示されています。画像の階段の奥にお手洗い場所があります♪
館の中はとても広いです♪ 上を見ると、三角型の天井が見えます。 画像の1階左奥は休憩所になっています♪
ロビー入口からすぐの場所に2階に上がれる階段があります。 2階に上がると、ギャラリーとカフェ店(土、日曜が営業日)があります♪
1階の売店です。絵本やグリムの館のオリジナルグッズなどが販売しています♪ 奥には受付所があります。
1階休憩所の近くには、下野市と、ドイツのディーツヘルツタールの姉妹都市交流の記録や場所などが見られます♪
1階の多目的ホール出入り口です。この中には、300人収容出来る電動式移動客席がありまして、様々なイベントや催し物が開催されています♪
多目的ホールの外側の画像です♪
2階のカフェ店先から、お人形が飾られている場所と、図書室になっています♪
図書室には、さまざまな本が置いてあります。グリム兄弟の家系図や歴史図も飾られています♪
図書室の本は自由に見ることが出来ます♪ ただ、静かに読みましょう♪
1階と2階の間にはエレベーターが備えてあります♪
グリムの森と館は、日本に居ながらドイツとグリムの世界が体験出来る場所です♪
この場所は、石橋町とシュタイン・ブリュッケンが両方とも合併した後も、姉妹都市としてこれからも交流を続けている友情の場所です♪
グリムの館は午前9時〜午後6時(4月〜9月は午後7時)まで会館しています。火曜日が定休日です♪(火曜日と月末日が土・日曜、祝日の場合は開館♪ その翌日が休館日です)

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット