下野市自然に親しむ会
                               

ジャコウアゲハを守る会の活動報告(2015年度第三回)

 2015年5月14日に今年度第三回目のジャコウアゲハ保護作業を行いました。今回の最初は、五千石河川公園です。ここには、昔ゲートボール場があり、そのための倉庫が建っていました。しかし、今は基礎だけ残っています。4mx6mと管理するには丁度良い大きさです。そこで、公園を管理しているスポーツ振興課の許しを得て、昨年秋に40株のウマノスズクサを植えました。

 まずは、何本が残っているかの調査です。23本が残っていました。しかし、発芽していない場所を、そっと浅く掘ってみますと、白い固まりが残っているところがありました。気がつかずに掘ってしまったところもあるので、正確な残り本数は分かりませんでした(後日調べましたが、このようなものは、ほとんど発芽しないようです)。
 元気なウマノスズクサです。他にも昨年植えた、イワダレソウが元気に伸び始めました。雑草避けと、成虫の蜜源になることを期待しています。
 ブッドレアです。会員の一人が挿し木で増やしました。この植物は、バタフライブッシュと呼ばれるほど、蝶に好まれます。とても、良い香りがします。大きくなって、成虫の餌になることを期待しています(しかし、一本が無くなってしまいました。残念!!!)

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット