木を知ろう・森を知ろう会
                             

公開観察会歴史散歩と街の中の樹木、南河内地区

満開のウワミズザクラの前で
新入会の前花さん、それと秋山さん、星さんがご夫妻で参加されました、15名参加しました。
健脚の方々は歴史館から更に自治医大方面へ散歩を続けました(代表以下5名)。

サクラらしくない花を付けるウワミズザクラです。ビン洗いのブラシ状に白い小さな花を沢山付けます。同じ様に咲くイヌザクラの大木が安国寺境内にあります。咲く時期が少し遅く、毎年4月末にやるこの歴史散歩で見ることは出来ません。3回目ですが、私はまだ見たことがありません。
エノキの大木にヤドリギ。
なんで木の枝や幹にうまく根を付ける事ができるのか、代表の説明は面白かったです。
他にもシロヤマブキ、アオキの雄雌・・・樹木の紹介ではないのでこれくらいにしておきます。
小栗副代表は歴史館で待ち伏せしていました。自作の我会のテーマ曲『いのちの輝き』の歌詞の大きな垂れ幕を作成し持参していました。副代表のリードで全員でテーマ曲をうたいました。しかも、3番まで全部。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット