しもつけシルエット委員会
                               

第4回しもつけかんぴょうフェスティバル

2013年8月25日に、しもつけ地域活性化委員会主催のイベント、第4回しもつけかんぴょうフェスティバルが、下野市石橋大松山運動公園で開催されました。

第4回しもつけかんぴょうフェスティバルの前日の夜には前夜祭が大松山運動公園隣りのスポーツ交流館2階であり、「サウンドマシン事務局」による講演と、同事務局による10個の楽器を1人で演奏する公演を披露していただきました。  また、会場外ではふくべを並べて中に火を灯す「ふくべキャンドル」が鮮やかに周りを明るく灯していました。

今回は、真夜が大鎌を持ちながら会場を練り歩き、宮城県亘理町への募金手伝い、会場の皆さんと写真撮影、ダンスをしました。

会場では、かんぴょうフェスティバルの名前の通り、かんぴょうの皮むきやふくべを使った細工など、夕顔をふんだんに使ったイベントになりました。

ステージでは、地元お囃子やベリーダンス、マジックショーなどの出し物が皆さんを喜ばせておりました。


今回、急きょ夕子の代わりに会場に来たかぼちゃの真夜、かんぴょうフェスティバルの偵察と、かぼちゃのPRを狙いにやって来たようです.....
前日の24日には前夜祭がありまして、ふくべで作ったあんどんの中に火を灯した「ふくべキャンドル」を通路に並べました♪
会場内でもあんどんが作れます。
この会場ならではの体験コーナーで、大人気でした♪
下野市のゆるキャラ「カンピくん」夕顔のキャラクターです。下野市内外で大活躍です♪
会場内では、夕顔を使った体験コーナーがあちこちで見られました。まさに「かんぴょう」のイベントです。
画像は夕顔の皮を剥いて干したもの、こうしてかんぴょうが出来上がります♪
大鎌を持って会場内を練り歩く真夜、子供たちにはかぼちゃよりも恐怖心を伝えてしまった!?
それでも真夜がステージでダンスを踊ったおかげか、子供たちと仲良くなりました♪
真夜はこのイベントを大変気に入ったようです♪

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット