下野薬師寺ボランティアの会
                               

下野薬師寺史跡まつり・プレイベントの実施

 3月2日に道の駅しもつけの会議室において、第7回下野薬師寺跡史跡まつりのプレイベントとして、古典楽器である二胡・箏・尺八によるコンサートを開催し、約200名の来場者に古典楽器の音色を堪能してもらいました。
 引き続いて、講師に福田三男先生(文星芸術大学)を招いて演題『下毛野薬師寺と下毛野古麻呂』)について、講演して頂きました。
 下毛野朝臣古麻呂は下毛野国出身の氏族で「日本書紀」に名前が現れ、大宝律令の選定に携わりその功績から当時の大臣にあたる兵部卿や式部卿を歴任しました。
 下毛野国の中心は、現在の下野市周辺と考えられ、当初一族の氏寺として下野薬師寺が創建されたと推測されています。
 その後、官寺・戒壇院として移行し創建されたものと推測されます。

 
   

コンサート入場待ちの列
二胡と尺八と箏による合同演奏
十三弦箏(奥)と二十五弦箏

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット