石橋伝統文化支援会
                             

茅の輪くぐりの神事

7月31日(水)下野市石橋愛宕神社で、茅の輪くぐりの神事「夏越の祓い」午後3時より祭司萩野矢正美宮司・氏子総代出席して行われ、午後4時から氏子が「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶいなり」

 茅の輪くぐり
とないながら青竹の鳥居に茅で作られた直径4mの茅の輪を3回くぐり、正月からの半年間の罪やけがれを落として、その後の半年間を健やかに過ごせるように願っていた。茅の輪の茅は氏子総出して30日に刈り取り造りました。
 猛暑の中茅刈り作業
 左 茅の輪造り 右 出来た
 茅の輪 

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット