栄町コミュニティ推進協議会
                             

夕暮れの集い

9月10日(日)夕暮れのひと時を楽しむ会「夕暮れの集い」が、栄町1〜2、3丁目自治会(栄町東自治会)主催で開催された。
町内会の親睦を深め、地域防災や安心安全な支え合う町内づくりを進めて行こうと、自治会役員が考え今回創めて企画された。会場は、町会内の宮沢スパー店駐車場をお借りして役員が準備、PM 17時花火合図にバンド演奏、セレモニー式(来賓の広瀬下野市長、若林県議、岩永議長)から謝辞を頂き、津軽三味線、腹話術、バンド演奏などが披露され、町会員の多く(150名)の方々が夕暮れの集いを楽しんだ。

   
今、地域で進む高齢化と一人暮らし世帯の増、人口の自然減と併存という経験したことのないことが町会内で現に起きている。
 
 夕暮れの集いの会場
   宮沢ストアー駐車場
今回の企画者である3丁目笠野自治会長は挨拶の中で、地域の核である石橋庁舎の閉庁、石橋病院の移転、超高齢化が進み、出歩くのが困難になった高齢者が気軽に楽しめるようにと、町会内の宮沢ストアー様のご協力いて実施されたという、また、栄町東自治会の10年前と現在の高齢化の比率を話されたのが特に、印象に残った。
広瀬下野市長も住みやすい地の利を生かした若人方が好む待ちづくりと、県内で二番目に若人が住む街でもあり生かしていきたい。また、高齢者が元気で出歩く町ほど健康な街である。町内会役員が仕掛け(イベント)考えて頂けるのはありがたいことであり皆で参加することで、元気な健康な下野市できると謝辞の中で話されていた。
来賓の若林県議会副議長は、東自治会の皆様が夕暮れのひと時を楽しく、町が仲良くくらす、これからは元気な町づくり期待いたしますと祝辞されました。
来賓の下野市岩永市議会議長は、今、行われている大松山運動公園の改修工事の完成は,2019年3月であり今後有効な利用見込まれる。旧石橋病院跡地は現在、解体中であり更地として下野市へ移管され今後の計画については下野市、議会を含めて皆様と進めて行きたい。
  軽快なバンド演奏

栃木市大平から、来ていただ
きました。
  夕暮れの集い楽しむ皆さん

 参加者の声、最近足腰が悪く遠く行けないので今回のイベントは、うれしいです、また、開催されてくれることを望みます。
 津軽三線の演奏(小山流)

 腹話術(永山さんケンちゃん)
 山口さん荒巻ご夫妻ありがとう。
  腹話術を楽しむ参加者
 バンドメンバー皆さん素晴らしい演奏ありがとう。

前のページへ戻る
下野市市民活動支援サイト You がお ネット